バイナリーオプション(binaryoption)取引の種類

バイナリーオプションは基本的には相場の上下を二択で選ぶ金融商品ですが、その他にも取引時間の長短や特定のレートにタッチするかどうかなど、多彩なタイプが存在します。バイナリーオプションを活用し利益をあげるためには、特定の取引手法に拘りすぎずその時々で状況にマッチしたタイプを取引することも重要です。

取引の種類を覚えたら、小額でも実際に取引を行ってみて感覚を掴むようにしましょう。自分の得意な面や不得意な面など、意外な発見があることも少なくありません。

HIGH or LOW(ハイ オア ロウ)

highorlow

バイナリーオプションといえばHIGH or LOW。そう言えるほど一般的なタイプです。つまり、現在と比較して判定時刻のレートが上か下かを当てるだけのシンプルな取引です。バイナリーオプションの最も基本的なタイプと言えるでしょう。

スタートしてから結果が出るまでの時間は十分から数時間と銘柄や業者によってかなり幅があります。始めたばかりの入門者は、まずこのタイプの取引でバイナリーオプションに慣れると良いでしょう。

クイックオプション

クイックオプション

基本的には上記のHIGH or LOWと同じように、レートの上下を当てるタイプの取引です。ただし、判定に掛かる時間が極めて短く、30秒から長くても5分程度で決着がついてしまいます。

瞬間的な判断力が必要となりますが、取引に慣れた中級者以上にとっては、資金の回転効率が高いため人気のタイプとなっています。ただし、国内の業者は取扱いができないため、利用するためには海外の業者へ口座を開く必要があります。

ワンタッチオプション

レンジオプション

制限時間内に、あらかじめ定められたレートに一度でもタッチすれば勝ちとなるタイプの取引です。HIGH or LOWやクイックオプションは、判定時刻までの途中経過は勝敗に一切関係ありませんが、ワンタッチオプションでは逆に途中の値動きこそが重要となるのです。

レンジオプション

ワンタッチオプション

レンジオプションはワンタッチオプションの真逆といえるタイプのオプションです。判定時刻までに決められたレートを上回ったり、下回らなかった場合に勝ちとなります。つまり、相場の値動きがしばらくの間小さいと考えられる時に購入すべきタイプのオプションということになります。

相場によって取引手法を変える

このようにバイナリーオプションと一言でいっても、様々なタイプがあることがお分かり頂けたかと思います。相場が小康状態の時はレンジタイプ。逆にボラティリティが高く動きの激しい時はワンタッチタイプと臨機応変に使い分けることが大切です。

また、経済指標の発表時など瞬間的に方向感が出る場合は30秒や60秒といったクイックタイプのバイナリーオプションが活躍してくれることでしょう。

自分なりの得意戦略やパターンを見つけることがバイナリーオプションの楽しみであり、利益を積み重ねるために大切なことなのです。


初心者におすすめのバイナリーオプション業者

ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリアHighLowAustralia

オーストラリア金融サービス免許(AFSL364264)を取得しており、証券取引委員会により監督されている為、安心・信頼度も問題なし!出金対応が抜群!銀行出金翌日着金!出金時に身分証明書の再提出なし!自信をもってお薦めできる業者です!

ソニックオプション

ソニックオプションsonicoption

業界トップクラスのペイアウト率で60秒ハイロー(60セカンド)が楽しめる!60秒ハイロー好きな方にはたまりません! ローソク足を使った攻略法が使える他に必要な情報が全て取れる為、複数の画面を立ち上げて取引するというような手間が必要ありません。

トレード200Trade200

クレジットカードを持っていない方でもBOができます!コンビニから入金可能!V-precaが使えるので審査不要で利用可能!入金方法として、クレジット(VISA・MASTER・デビットカード)・バニラVISAオンライン・V-preca・銀行に対応しています!ペイアウト率の高さは業界最高峰!