バイナリーオプション(binaryoption)の歴史

歴史

参加者も多く、金融関連の情報サイトや雑誌の記事などで話題となることも多いバイナリーオプション。しかし、意外にもその歴史はまだまだ浅いのです。

IGグループホールディングス

金融先進国のアメリカで初めて正式な金融商品として確立されたのが2003年。バイナリーオプションが生まれたのはまだほんの11年前のことなのです。もっとも、取引の仕組みが完全には明文化されていない状態で、現在のバイナリーオプションの基となるような取引は数十年前から存在はしていました。その「基となる取引」に関する規制をまとめ、厳密な金融商品として初めて商品化したのがIGグループホールディングスというイギリス資本の企業だったのです。

IGグループホールディングスはその後日本のFX ONLINE JAPANと提携を行います。FX ONLINE JAPANはその名の通りFXをメインに扱う企業でしたが、事業規模拡大のために米国で人気が高まりつつあったバイナリーオプションに目をつけたのです。これが2009年のことでした。

バイナリーオプションブーム

バイナリーオプションに先行して日本で取引の開始されていたFXは、個人投資家を中心に人気に火がつきました。主婦やサラリーマンの中にも数千万円の利益をあげる人がチラホラ現れはじめ、一大ブームとなったのです。バイナリーオプションもその取引ルールのわかり易さや、資金効率の高さから人気が急速に拡がり始めましたが、同じく2009年に発生したリーマンショックや世界的金融恐慌のあおりを受け、一旦は人気が下火になってしまいます。

しかし、その後世界経済の落ち着きを背景に再びバイナリーオプションは人気を取り戻します。取扱い業者は国内・国外ともに増え、2011年には日経新聞にも取り上げられるなど、個人投資家が外貨に関わるための一つの手段として大変注目される存在へと成長していったのです。

国内業者に規制

ところが、2013年に大きな転機が訪れます。日本国内の業者に対して、取引時間などに関する大幅な規制が導入されたのです。それまでは国内外の業者を問わず取引することのできた超短期トレードが、国内業者に関しては実施されなくなってしまったのです。業者によって提供されるサービスの違いが明確になり、どの業者が自分に合っているのか、投資家自身が真剣に考えるべき時代となったのです。

このような歴史を踏まえ、現在では超短期トレードや資金の高効率化を目指すトレーダーは海外業者へ、入出金やサポートといった利便性に重点を置くトレーダーは国内業者へと、それぞれ住み分けを行いながらバイナリーオプションの市場規模は日々拡大しています。

繰り返しになりますが、バイナリーオプションは歴史の浅い金融商品です。そして、それ故に絶対的強者の存在しない市場であるとも言えるのです。実際、株式やFXなどでなかなか上手くいかなかった個人投資家が、バイナリーオプションに挑戦した途端、大きな収益をあげられるようになったというケースも頻発しています。

成熟してしまった市場が多い中、バイナリーオプションはまだまだ夢のある金融商品と言えるのです。


初心者におすすめのバイナリーオプション業者

ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリアHighLowAustralia

オーストラリア金融サービス免許(AFSL364264)を取得しており、証券取引委員会により監督されている為、安心・信頼度も問題なし!出金対応が抜群!銀行出金翌日着金!出金時に身分証明書の再提出なし!自信をもってお薦めできる業者です!

ソニックオプション

ソニックオプションsonicoption

業界トップクラスのペイアウト率で60秒ハイロー(60セカンド)が楽しめる!60秒ハイロー好きな方にはたまりません! ローソク足を使った攻略法が使える他に必要な情報が全て取れる為、複数の画面を立ち上げて取引するというような手間が必要ありません。

トレード200Trade200

クレジットカードを持っていない方でもBOができます!コンビニから入金可能!V-precaが使えるので審査不要で利用可能!入金方法として、クレジット(VISA・MASTER・デビットカード)・バニラVISAオンライン・V-preca・銀行に対応しています!ペイアウト率の高さは業界最高峰!