ソニックオプションで儲かる為の相場予想:BO予想

米ドル円118円復活

13日の米ドル・円相場は上値の重さを感じさせる展開となりました。米国時間開始直後までは株式市場が比較的堅調だったこともあり118円台前半を維持して推移。しかしその後材料難による手掛かりの無さや、イスラム国に対する軍事行動の可能性が取り沙汰され徐々に下値を切り下げる動きに。結局米ドル円は118円を割り込み、117円台後半で日本時間へと返ってきています。

一方ユーロ円は一時昨年の10月30日以来となる138.32まで下落。日銀の放ったサプライズ金融緩和による円安効果はユーロに対しては全て帳消しになった格好です。ユーロはギリシャの選挙に対する根強い不安や欧州中央銀行が実施する量的緩和を背景に弱い値動きが続いています。

12日、日中はWTI原油先物が45ドルを割り込みながらも為替や株式市場には危機感は見られませんでした。その面で欧州市場や米国市場に対しては力強い展開を期待していたのですが、残念ながらリスクオフムードはなかなか払拭されないままイスラム国との新たな戦いという大きな問題が浮上してきました。
14日は米国小売売上高が日本時間の22:30に発表となっています。予想では前月よりも低い数字となっていますが、注目度の大きい指標のためサプライズがあれば相場を大きく動かす要因となります。結果、米ドル円は下方向に動き出し、日経平均も下がるというのが市場の反応でした。

ソニックオプションを攻略する上でこのような為替の値動きに影響を与えそうな指標発表などがあるときは利益を大きく狙えるチャンスとなります。このようなときは市場予想して『ハイ』『ロウ』を購入するのではなく、市場が反応してからトレードするのが賢明だと考えます。例えば14日の米国小売売上高の発表後だと25本線を下に抜けた辺りから『ロウ』を買うという感じのトレードでソニックオプションでは十分に利益が狙えます。

14日の米ドル円・ユーロ円市場は切り返しを試す値動きとなりました。昨日発表された米小売売上高は市場予想の-0.1を大きく下回る-0.9(コア:-1.0)となり一時米ドル円は116.10まで下落。しかし、そこからはアク抜け感や値頃感もあり結局117円台前半まで切り替えして日本時間へと返ってきています。

一方、ユーロ円も137円ジャストを底に値を戻しおり、日本時間朝方は138円台中盤まで回復しています。

15日は生産者物価指数、明日は消費者物価指数やCPIとFRBが最も重視するインフレ率に直結する経済指標が相次いで発表されます。相場のボラティリティは相変わらず高く、上にも下にもすぐに大きくすっ飛んでしまいますから油断できません。
これらの指標が弱ければ現在の自律反発的な無かった物とされ一気に昨晩より更に下のレベルまで叩き売られることでしょう。特にユーロは米ドルに連れられて円に対して買われているだけですからより下げました。
ソニックオプション攻略としては13日同様に下げ目線でのトレーダーはある程度の利益は取れたのではないでしょうか。

15日の為替市場は大荒れの展開となりました。欧州時間に入りスイス中央銀行がスイスフランとユーロのレート上限1.20を廃止すると発表。この衝撃によって米ドル円や各クロス円も大きく影響を受けました。
米ドル円は一旦116.25レベルまで下落し、その後117.25までは反発を見せましたが結局上値は重く本日早朝には一瞬116円を割り込む場面もありました。

一方ユーロ円も134円台に突入した時間帯もあり、本日は135円以上をキープ出来るのかが注目点となっています。

15日の日中までは再びリスクオンムードが広がりかけていただけに、多くの人にとって昨晩の動きはカウンターパンチのようになってしまいました。上下の値幅が大きく不意に方向を変えて突っ走り始めますので大変難易度の高い相場と言えます。

ソニックオプションでの注意点としてはユーロ円に関しては135円割れに値頃感も出やすいことから短期的な反発狙いであればその水準でハイを買っても良さそうには思います。いずれにせよ大きなロットでトレードする時期ではありません。
米ドル円に関してはこの3日間は方向感が比較的感じ易く利益が取れたソニックオプショントレーダーが多いのではないでしょうか。

先週末の為替市場はやや落ち着いた雰囲気が戻ってきました。スイスフランの対ユーロ上限撤廃の衝撃はかなり大きく、実際に英FX会社アルパリが破綻したり、米FXCMが穴埋めに3億ドルを調達したりと波紋が広がっています。もちろん我が国のFX業者も全くの無傷とはいかないでしょうから、今後何らかのニュースが入ってくるものと考えられます。
さて、米ドル円は米国時間に入って一段高となりました。発表のあった消費者物価指数は特にサプライズ的なものはありませんでしたが、あく抜け期待と自律反発狙いの買いが入ったものとみられます。結局117.50まで上昇後はヨコヨコの展開で日本時間へと帰ってきたのが19日の月曜日の朝でした。
昨晩の米ドル円市場は久々に終始堅調な値動きとなりました。昨晩は米国株式市場がお休みでしたが、欧州株式市場は概ね堅調な動き。特に目立った材料も無く、先週末に売られすぎていた分が素直に買い戻されるという展開になりました。米ドル円は日本時間の午後に一時117円割れまでありましたが、その後は欧州時間、米国時間とひたすらジリジリと下値を切り上げ、結局117円台後半で日本時間へと返ってきています。

一方ユーロ円も一旦は落ち着きを取り戻した格好に。135.00を明確に割り込むこともなく米国時間終盤には136円台を回復して越週となっています。 これでスイスショックは全部終わったのかといえば、決してそうとも言い切れないと思います。相場はあっという間にニュースを飲み込み、プライスに反映させてしまうのが常ですが、一方である程度の時間差があってからワッと大きく動き出すこともあります。ファーストインパクトはたしかに終わりましたが、この影響が(特に民間部門のクレジット問題として)どんなタイミングで再び表に出てくるかはまだ分かりません。
ユーロ円の攻略としては下値135.25レベルから欧州時間には136.80まで上昇。その後米国時間では上値を伸ばせませんでしたが136.50の節目はきっちりキープして日本時間へとバトンを渡しています。

ソニックオプションを攻略する上での注意点としては、昨日の中国GDPが発表になります。波乱が起こる可能性は少ないと見ますが、万が一にもネガティブサプライズがあるとここ数日の円安分を全て消し飛ばしてしまいかねないインパクトがあります。現在は円安へと動いている兆しがあります。
敢えて傾けたポジションを持つか、動かないと決めてレンジ取引をするか、逆に動くと決め付けて立ち取引やレンジアウト取引をするか、いずれも筋が通っており妙味はありそうですが、投入金額をかなり絞るということと、なんども同じ方向での売買は厳に慎むという点だけは必ず守るようにしてください。

1月21日 倉持の予想レンジ

  • 米ドル円の予想レンジは117円50銭から119円00銭
  • ユーロ円の予想レンジは136円00銭から137円25銭
  • 業界最高峰のペイアウト率でBOができるソニックオプションの詳細は下記URLより参照できます。

    ソニックオプション

    ソニックオプションsonicoption

    業界トップクラスのペイアウト率で稼ぎたいBOトレーダーの注目を集めています。60秒ハイロー(60セカンド)も楽しめる!60秒ハイロー好きな方にはたまりません!最新鋭のプラットフォームには攻略に必要な情報が全て取れる為、複数の画面を立ち上げて取引するというような手間が必要ありません。

    にほんブログ村 為替ブログ バイナリーオプションへ
    各ブログランキングに参加しています!

    初心者におすすめのバイナリーオプション業者

    ハイローオーストラリア

    ハイローオーストラリアHighLowAustralia

    オーストラリア金融サービス免許(AFSL364264)を取得しており、証券取引委員会により監督されている為、安心・信頼度も問題なし!出金対応が抜群!銀行出金翌日着金!出金時に身分証明書の再提出なし!自信をもってお薦めできる業者です!

    ソニックオプション

    ソニックオプションsonicoption

    業界トップクラスのペイアウト率で60秒ハイロー(60セカンド)が楽しめる!60秒ハイロー好きな方にはたまりません! ローソク足を使った攻略法が使える他に必要な情報が全て取れる為、複数の画面を立ち上げて取引するというような手間が必要ありません。

    トレード200Trade200

    クレジットカードを持っていない方でもBOができます!コンビニから入金可能!V-precaが使えるので審査不要で利用可能!入金方法として、クレジット(VISA・MASTER・デビットカード)・バニラVISAオンライン・V-preca・銀行に対応しています!ペイアウト率の高さは業界最高峰!