ソニックオプションで勝つためにおさえておきたい攻略ポイント:ソニックオプション(sonicoption)

これからご紹介する二つの必勝パターンを見れば勝てます!

私はバイナリーオプション取引を生業としています。日々の取引の中で高い勝率で勝てる攻略法をいくつか掲載していますので、今後の取引の参考に是非ご覧下さい。

ソニックオプション攻略ページへようこそ!

必勝パターン1

ソニックオプションの『DRAW-OUT』取引で時間は60秒を選んで、まず下の画像の赤丸の部分で『HIGH』を買います。これだけです!
これがもっとも確立の高い必勝パターンです。

必勝パターン

ソニックオプションを攻略するのに他の攻略法は必要ありません。このタイミングに慣れるだけです。

ただし、上の画像の赤丸のタイミングで買えれば儲かるのですが、これがなかなかこのタイミングを掴むのが難しいのです(汗)このタイミングは慣れるしかありませんので、このタイミングを掴むまでは最低取引金額の1,000円で何度か取引をして慣れる練習をすることをお勧め致します。

上の画像のようにガンと下げたタイミングで買うのはなかなか難しいのですが、ご安心下さい!

下の画像を見てください。かなり浅い下げで『HIGH』を買いました。

トレード画像1

こんなに浅い下げでも60秒の『DRAW-OUT』取引で勝つことができます!
これぐらいの浅い下げなら何度もチャンスがあります!

上の浅い下げで買って取引した動画を下に掲載しておきますので、ソニックオプション攻略のご参考に使って下さい!


ソニックオプションのシステムや機能を利用した攻略法や、更にはトレンドライン活用法などソニックオプションの攻略に有効な攻略法をポイントごとにまとめています。是非、ご活用下さい。

必勝パターン2

直近高値付近では高確率で儲かることができます。

まずは下の動画をご覧下さい。


この動画の5分足チャートの画像を掲載しておきます。
白い線は、直近高値ラインです。 超えれずに陰線が出て下がり始めてるのがわかります。

ソニックオプション

この流れにのって、60セカンド(取引時間60秒)でLOWを買うしかないでしょう! 攻略のタイミングです!

sonicOPbana848x86_5 (1)

ソニックオプションで勝つための11の攻略ポイント

  1. チャートの基本をマスターする
  2. チャートのパターンで攻略する
  3. 取引による購入時間の違い
  4. 経済指標発の発表サービス
  5. 外部サービスの利用
  6. チャート・ローソク足を読む
  7. トレンドラインを把握する
  8. 反発を知る
  9. 情報メール活用
  10. 取引方法のペイアウト率の違い
  11. トレード履歴解説

チャートの基本をマスターする:攻略ポイントその1

ソニックオプションを攻略する上で重要なのは『テクニカル分析』です。『ファンダメンタル分析』ではありません。

FXや株式投資の基本は安値で買って、どこまで利益をのばせるかが肝になりますが、ソニックオプションでは安値で買う、高値で売るといった方法ではそうそう攻略することが出来ませんので チャートの基本をしっかり学んでチャートからソニックオプションの購入ポイントを見つけれるようになって攻略しましょう。

チャートのパターンで攻略する:攻略ポイントその2

チャートを見ているといくつかのパターンを見つけることができます。

ここでは、そのいくつかのパターンの中から多くのトレーダーに知られていてる代表的なチャートの形を紹介します。その パターンの形を覚えてハイロー取引での『HIGH』『LOW』の売買タイミングを見つけて攻略へとつなげましょう。

取引による購入時間の違い:攻略ポイントその3

ソニックオプションの基本的な取引であるハイロー取引(HIGH-LOW)は、15分の購入時間と判定時間で合わせて30分が1つの取引となります。

この購入時間が取引によって違いがあり、SHORT(短期取引)については購入した時が取引開始時間となります。SHORTは60秒・90秒・120秒が判定時間となっています。 ハイロー取引と同じように取引をしてしまうと読み間違うことがあり、損失となることも十分ありえるので注意が必要がです。

経済指標発の発表サービス:攻略ポイントその4

経済指標発とは、世界の公的機関が発表する経済に関する要因を数値化したものですが、これが為替の場合には重要となります。特にソニックオプションは通貨を主とした取引をしているものなので、攻略して利益を得る為の重要な要素です。

ソニックオプションではサービスとして経済指標発表時には利用者にはメルマガ等で情報を案内しています。
そうした情報を他の手段で得ている場合は問題ないでしょうが、そうでないのでしたら登録したメールアドレスについて時々確認するようにしましょう。

外部サービスの利用:攻略ポイントその5

ソニックオプションは通貨の取引がメインです。 特に取引に関する通貨である、以下のレートについては注目していく必要があります。

  • 米ドル/日本円:USD/JPY
  • ユーロ/日本円:EUR/JPY
  • 英ポンド/日本円:GBP/JPY
  • 豪ドル/日本円:AUD/JPY
  • ユーロ/米ドル:EUR/USD
  • ポンド/米ドル:GBP/USD
  • 豪ドル/米ドル:AUD/USD

これらはFXなどの為替などと通じる部分があり、他のサービスでレートの動きをチェックするサービスやソフトなどが用意されています。こうしたサービスを積極的に利用していくことが為替と切っても切れないので攻略への大きな力となるでしょう。

チャート・ローソク足を読む:攻略ポイントその6

ソニックオプションを攻略していく為に必要なのはチャートまたはローソク足を読むことです。チャートの上下によって利益か損失となるかが確定するので、読む力を養うことで利益に直結します。

株やFXをされていた方には馴染みがあるでしょうが初めての方については難しく感じるかもしれません。ですが基本的なところを覚えてしまえば難しいものではありませんので、取引に入る前に覚えておきましょう。

トレンドラインを把握する:攻略ポイントその7

トレンドラインとは、選択した通貨のチャートが上昇方向にあるのか、下降方向にあるのか、また横方向になっているのかを見分けるものです。短い時間だけを見るのではなく、通貨の出発点のチャートから短期・中期・長期で上昇トレンドなのか下降トレンドなのかを知ることができます。

見分け方は簡単で、上昇しているトレンドラインであればチャートの谷線の底値の部分をつなげていくと上昇しています。下降しているトレンドラインであればチャートの谷線の高値の部分をつなげていくと下降しています。

底値または高値を一本の線としてつなげてみると、それが上昇しているのか下降しているのかを判断できると同時に底値と高値を知ることができます。このラインが抵抗線・サポートラインと呼ばれと多くのトレーダーが意識するラインとなり押し返されたり押し返したりまた、抜けて行くようだったらそこがトレンドの変換点となったります。

反発を知る:攻略ポイントその8

チャートを見ていくと下降していていきなり上昇したり、逆に上昇していたものが急に下降したりすることがあります。短時間の上昇または下降していくこと、反発といいます。値動きの大きい小さいによって『急反発』『小反発』と呼ばれたりします。

ソニックオプションの攻略でどう使うのかというと、チャートが底値の時に反発と予想してHIGH(高)で購入していれば利益となります。

値が戻ろうとする動きを『戻り売り』といいます。チャート・ローソク足の値動きから反発するタイミングを予想することが超短期オプション取引での攻略のカギとなります。

情報メール活用:攻略ポイントその9

ソニックオプション(sonic-option)では登録したメールアドレス宛にメールが送られてきます。そのメールには経済指標発表などの内容のもの等、取引に活かせる情報が配信されてきます。

内容は通貨の値動きに関する具体的内容が書かれており、また取引に活かすポイントについても書かれています。専用のスタッフが用意されているだけあり、内容も濃く、どの点に注意すれば良いのかも紹介されています。

他にもソニックオプション(sonic-option)で取引されている通貨ペアの取引率についての紹介もあります。例として下記のようなものです。

  • [ 勝率60% ] 米ドル/日本円 USD/JPY → 39%
  • [ 勝率51% ] ユーロ/日本円 EUR/JPY → 15%
  • [ 勝率58% ] ポンド/日本円 GBP/JPY → 12%
  • [ 勝率58% ] 豪ドル/日本円 AUD/JPY → 9%
  • [ 勝率58% ] ユーロ/米ドル EUR/USD → 9%
  • [ 勝率64% ] ポンド/米ドル GBP/USD → 6%
  • [ 勝率56% ] 豪ドル/米ドル AUD/USD → 10%

各通貨ペアの勝率から取引比率についての紹介です。上記の例からわかることは米ドル/日本円の取引が全体の39%の取引を締めており、また勝率についても60%を出しています。また他の注目点としてポンド/米ドルが取引自体は全体の6%と少ないですが、勝率64%と高い勝率を出しています。

こうした勝率や取引率については参考することで、自分の取引に活かすことが可能です。取引にもトレンドがあり、勝率の数値を確認は実際の取引をからの数値なので、利益を出す為の攻略法としてソニックオプション(sonic-option)のメールについても注目しておきましょう。

取引方法のペイアウト率の違い:攻略ポイントその9

ソニックオプション(sonic-option)を攻略していく上でペイアウト率についての把握は必須です。 取引方法によってペイアウト率について違いがあります。ペイアウト率は投資した金額がどのくらいの利率で払い戻しとなるのかを表したものです。具体的には以下のようになります。

  • HIGHLOW(ハイロー取引):1.75倍
  • SHORT(短期取引):1.73倍
  • DRAW-OUT(短期取引-ドローは払い戻しなし):1.80倍

基本的には上記のペイアウト率で払い戻しが行われます。取引で予想通りの結果になれば投資金にペイアウト率をあてはめた金額が払い戻し金となります。
具体例として紹介していきます。

  • ・10,000円でHIGHLOW(ハイロー取引)をした場合
  •  10,000×1.75(倍)=17,500(円)
  • ・10,000円でSHORT(短期取引)をした場合
  •  10000×1.73倍(倍)=17,300(円)
  • ・10,000円でDRAW-OUT(短期取引-ドローは払い戻しなし)をした場合
  •  10000×1.80倍(倍)=18,000(円)

上記が各取引のペイアウト率をあてはめた払い戻し金額となります。上記の計算は10000円で行っているのでさほど違いがありません。ですが金額大きくなれば、ペイアウト率によってかなりの違いがうまれます。

各取引の時間などやドローの際の取扱について違う為、一概にペイアウト率が高い取引方法が良いというわけではありません。ですがペイアウト率について把握しておき、そのリスクと取引を検討して利益が見合っていると判断すれば、取引方法を変えて取引をしてみることもよいでしょう。

トレード履歴解説:攻略ポイントその11

トレード履歴はログインしてサイトメニューの『トレード履歴』リンクをクリックすることで表示されます。

ソニックオプション-トレード履歴画像

①検索方法としてトレード種類を『HIGH&LOW』『SHORT』『DRAW-OUT』を選択します。

②次に『集計期間』を検索したい任意の日数を選択していきます。

③通貨ペアを調べたい通貨を選びます。デフォルトではすべて表示されるようになっています。

④トレード履歴の表示のさせ方として、昇順か降順を選択します。最後に検索をクリックすることでトレード履歴が表示されます。

私が知る数ある海外BOサイトの中で業界最高峰のペイアウト率と取引画面が最も分かりやすく操作性がよい!ソニックオプションの詳細は下記URLより参照できます。ネッテラー使えます!

ソニックオプション

ソニックオプションsonicoption

業界トップクラスのペイアウト率で稼ぎたいBOトレーダーの注目を集めています。60秒ハイロー(60セカンド)も楽しめる!60秒ハイロー好きな方にはたまりません!最新鋭のプラットフォームには攻略に必要な情報が全て取れる為、複数の画面を立ち上げて取引するというような手間が必要ありません。

にほんブログ村 為替ブログ バイナリーオプションへ
各ブログランキングに参加しています!
更新・トレードの励みになりますので、よろしかったらクリックお願い致します! m(_ _)m


初心者におすすめのバイナリーオプション業者

ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリアHighLowAustralia

オーストラリア金融サービス免許(AFSL364264)を取得しており、証券取引委員会により監督されている為、安心・信頼度も問題なし!出金対応が抜群!銀行出金翌日着金!出金時に身分証明書の再提出なし!自信をもってお薦めできる業者です!

ソニックオプション

ソニックオプションsonicoption

業界トップクラスのペイアウト率で60秒ハイロー(60セカンド)が楽しめる!60秒ハイロー好きな方にはたまりません! ローソク足を使った攻略法が使える他に必要な情報が全て取れる為、複数の画面を立ち上げて取引するというような手間が必要ありません。

オプションビットOptionbit

500円から投資することができるので、初心者の方にお勧めです!口座開設後、PC・タブレットはもちろんアイフォンでもアンドロイドでも専用アプリで快適に取引できます!トレンド識別99%の制度があると証明されているオプションビット独自開発の『アルゴビット(algobit)』が使える!

トレード200Trade200

クレジットカードを持っていない方でもBOができます!コンビニから入金可能!V-precaが使えるので審査不要で利用可能!入金方法として、クレジット(VISA・MASTER・デビットカード)・バニラVISAオンライン・V-preca・銀行に対応しています!ペイアウト率の高さは業界最高峰!