倉持式『レンジ相場で買われすぎ売られすぎからBOを攻略する』-オシレーター系

BOで力を発揮するオシレーター系

前回までは、『移動平均線』と『MACD』を解説しましたが、これはトレンドを把握する指標としてよく使われるものです。
BOトレーダーとしては、トレンドがはっきりしないときでも利益を出したいものです。
そのような相場のときに力を発揮するのが『オシレーター系』の指標ということになります。

テクニカル分析指標は『トレンド系』と『オシレーター系』の二つに大別されます。
この『オシレーター系』でバイナリーオプションの取引でも活用できるものが『RSI』と『ストキャスティック』と考えています。
どちらも、『買われすぎ、売られすぎ』を知ることがでる指標です。


RSIとは

価格全体の変動幅に対して相場の過熱感を示します。
rsi

上のチャートで『RSI』を知ることができます。

  • 買われすぎ70%~80%以上
  • 売られすぎ20%~30%以下
  • と判断できます。

    トレンドが強く発生しているようなときには、上下どちらかに振り切れてしまってるため、この指標は機能しませんが、レンジ相場では力を発揮します。


    ストキャスティックとは

    ストキャスティック

    上のチャートの下段が『ストキャスティック』です。
    上述しました、『RSI』以外にもよく使われるオシレーター系指標が『ストキャスティクス』です。
    こちらも同様に『買われすぎ』『売れらすぎ』を判断するための指標です。

    私はこちらを信頼してよく使っています。白い線が『ファーストs-k』赤い線が『ファーストs-d』と呼ばれる2本の線で相場を読み取るとこができます。
    この2本の線がクロスしたところがBOでの購入ポイントとです。

    倉持が考えるBOで使えるストキャスティック買場ポイント!!

    1. 『ファーストs-k』が『ファーストs-d』を下から上に抜いた地点-相場予想は『上』となります。
    2. 『ファーストs-d』が『ファーストs-k』を上から下に抜いた地点-相場予想は『下』となります。

    その時の相場に合わせて、テクニカル分析指標『トレンド系』と『オシレーター系』を上手に使いこなすことによってバイナリーオプション攻略へと一歩近づくはずです。

    私が述べてきたこれらのテクニカル分析指標を使ったトレード方法は、バイナリーオプションの取引でも特に短期取引(30セカンズ、60セカンズ)に有効だと考えています。下記のサイトは超短期のバイナリーオプションができて高いペイアウト率の業者2サイトです。

    こちらに短期売買ができる海外バイナリーオプション一覧を掲載しておりますので、業者選びの参考にご参照下さい。


    にほんブログ村 為替ブログ バイナリーオプションへ
    各ブログランキングに参加しています!

    初心者におすすめのバイナリーオプション業者

    ハイローオーストラリア

    ハイローオーストラリアHighLowAustralia

    オーストラリア金融サービス免許(AFSL364264)を取得しており、証券取引委員会により監督されている為、安心・信頼度も問題なし!出金対応が抜群!銀行出金翌日着金!出金時に身分証明書の再提出なし!自信をもってお薦めできる業者です!

    ソニックオプション

    ソニックオプションsonicoption

    業界トップクラスのペイアウト率で60秒ハイロー(60セカンド)が楽しめる!60秒ハイロー好きな方にはたまりません! ローソク足を使った攻略法が使える他に必要な情報が全て取れる為、複数の画面を立ち上げて取引するというような手間が必要ありません。

    オプションビットOptionbit

    500円から投資することができるので、初心者の方にお勧めです!口座開設後、PC・タブレットはもちろんアイフォンでもアンドロイドでも専用アプリで快適に取引できます!トレンド識別99%の制度があると証明されているオプションビット独自開発の『アルゴビット(algobit)』が使える!

    トレード200Trade200

    クレジットカードを持っていない方でもBOができます!コンビニから入金可能!V-precaが使えるので審査不要で利用可能!入金方法として、クレジット(VISA・MASTER・デビットカード)・バニラVISAオンライン・V-preca・銀行に対応しています!ペイアウト率の高さは業界最高峰!