トレンドラインの引き方

値動きが少なくても利益を出すことができる。

バイナリーオプションで人気の『ハイロー』型の取引では、FXでの取引などとは違い、値動きが少ない時でも利益を出すことがでます。

30秒オプションや、60秒オプションなどでは、連続してまたは、同じ時間帯でもすぐに複数の取引ができる為、値動きが大きいときの方が大きな利益が出しやすくなっています。そのため、今の相場は動きが大きいのか、小さいのかを見極めることが資産を増やす上で、大きなポイントとなってきます。

下の図は2014年7月の円ドルの日足チャートです。

7月チャート

7月の中旬辺りから連続して陽線になっています。

これくらいの値動きがあればバイナリーオプションでも利益が出しやすいと言えます。


トレンドの発生、変化を見極める。

長期のチャートで相場の大まかな流れを掴んだあと、バイナリーオプションで特に有利になるのは、短期のチャートを駆使してより細かい動き、目先の動きがどうなってるか分析しましょう。

実際に売買を行うときは、トレンドの発生と変化のタイミングでの売買はバイナリーオプションの場合は、避けた方が賢明です。

ただ、、漠然とチャートを眺めていても売買のタイミングはわかりませんので、まず売買する通貨ペアの5分足チャートを出して、トレンドラインを引いて下さい。


トレンドラインとは

トレンドラインとは、チャート上で2~3つ以上の高値同士、または安値同士をむすんで線のことです。 高値同士をむすんだ線のことを『抵抗線』、安値同士をむすんだ線のことを『支持線』と呼びます。

相場上昇中でるなら、安値同士をむすんだ線が『サポートライン』と言われたり、『下値支持線』などと呼ばれます。

反対に相場が下降中なら高値同士をむすんだ線が『レジスタンスライン』または、『上値抵抗線』と呼ばれます。

トレンドラインの引き方がわかったら、是非 一度お手元の5分足チャートに引いてみて下さい。

規則的なものが見えてきませんか?

トレンドラインを引くことで、相場の今後の方向や、トレンドの変化を知ることが比較的容易に感じませんか?

株やFXの場合だと、多くのトレーダーがこのトレンドラインを意識してトレードしてます。ので、『サポートライン』で反発したり、反発しなければ、そこがトレンドの変換点になったりします。

では、これをどうバイナリーオプションの取引で使えば勝率を上げることができるのでしょうか?

『サポートライン』から『レジスタンスライン』を行ったり来たりしてるときに、30秒オプションとか、60秒オプションをするのが最も勝率が高くなります。

取引をしない方がいい時は、逆に『サポートライン』付近、『レジスタンスライン』付近では、しない方が賢明です。多くのトレーダーがどっちに値動きするかわからないときに、バイナリーオプションで取引することは賢明ではありません。


初心者におすすめのバイナリーオプション業者

ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリアHighLowAustralia

オーストラリア金融サービス免許(AFSL364264)を取得しており、証券取引委員会により監督されている為、安心・信頼度も問題なし!出金対応が抜群!銀行出金翌日着金!出金時に身分証明書の再提出なし!自信をもってお薦めできる業者です!

ソニックオプション

ソニックオプションsonicoption

業界トップクラスのペイアウト率で60秒ハイロー(60セカンド)が楽しめる!60秒ハイロー好きな方にはたまりません! ローソク足を使った攻略法が使える他に必要な情報が全て取れる為、複数の画面を立ち上げて取引するというような手間が必要ありません。

オプションビットOptionbit

500円から投資することができるので、初心者の方にお勧めです!口座開設後、PC・タブレットはもちろんアイフォンでもアンドロイドでも専用アプリで快適に取引できます!トレンド識別99%の制度があると証明されているオプションビット独自開発の『アルゴビット(algobit)』が使える!

トレード200Trade200

クレジットカードを持っていない方でもBOができます!コンビニから入金可能!V-precaが使えるので審査不要で利用可能!入金方法として、クレジット(VISA・MASTER・デビットカード)・バニラVISAオンライン・V-preca・銀行に対応しています!ペイアウト率の高さは業界最高峰!