FX(外為)下降・上昇トレンドを見極める

1

上の図1は、2013年7月~8月までのFX(外為)ドル/円の日足です。
中期的なトレンドは下です。 図1の中の赤い線が短期のトレンドになります。


上昇トレンドよりも下降トレンドの方が値動きが早い

相場は上がる時よりも下がる時の方が早い動きになります。 これも相場の特徴の一つですので、覚えておいて下さい。

図1からもわかるように、相場は下がりながらも 一旦上がります。このことを『反発』と言います。
この一服するタイミングを掴む一つのポイントとしては、出来高をよく見てください。 トレンドがしばらく続くと、毎日の出来高が似たような数字になってくるのですが、 トレンドが一服するときは、出来高が急に増えます。 このことを『調整が入る』と言います。


調整後

さらに、注意しておいて欲しいのが、この『調整』が入ったあと、相場がどちらに動くは誰にもわかりません。
数日、数時間 ハッキリとしたトレンドが出るまでは、取引しない方が賢明です。

前回、【FXチャートの過去の変動パターン】の図1、2009年6月~2014年6月26日までのチャートを思い出して欲しいのですが、長期のトレンドが下向きなら、中期のトレンドも下向きになっている期間が長いということです。

もちらん、バイナリーオプションのような短期売買の場合でも、中期のトレンドを把握しておくことは大切です。

バイナリーオプションでアツくなって、1~2時間の間に 数回取引したりしたことありませんか?
そんなときは、この中期のトレンドを把握しておくと、『下げ目線』で取引するのか、『上げ目線』で取引するのかがいいのか判断の材料になります。

私は、最近は『下げ目線』で取引してます。 上げすぎてると思ったら『下』で。 という感じです。

少し、話はそれますが2004年の半ばから2005年の初頭にかけては、トレンドがないそばが1年ぐらい続いた期間がありました。

上に行くわけでもなく、下値も支えられてる感じの相場でした。

私が勝手に思ってることですが、FX(外為)や株価、外国の株価指数でも、一度動きがでると数ヶ月継続してます。 長期トレンドの方向と同じなら1年近く続いてます。 長期の上昇、下降トレンドがどのような形になっているのかをよく覚えておくとトレードの役に立てることができます。

今の相場がどちらなのかを常に意識することを忘れてはいけません。過去の値動きから、未来のトレンドの予想をする。 長期、中期、短期のチャートを見るときに常に意識しておくと相場予想の精度が上がってきます。


初心者におすすめのバイナリーオプション業者

ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリアHighLowAustralia

オーストラリア金融サービス免許(AFSL364264)を取得しており、証券取引委員会により監督されている為、安心・信頼度も問題なし!出金対応が抜群!銀行出金翌日着金!出金時に身分証明書の再提出なし!自信をもってお薦めできる業者です!

ソニックオプション

ソニックオプションsonicoption

業界トップクラスのペイアウト率で60秒ハイロー(60セカンド)が楽しめる!60秒ハイロー好きな方にはたまりません! ローソク足を使った攻略法が使える他に必要な情報が全て取れる為、複数の画面を立ち上げて取引するというような手間が必要ありません。

オプションビットOptionbit

500円から投資することができるので、初心者の方にお勧めです!口座開設後、PC・タブレットはもちろんアイフォンでもアンドロイドでも専用アプリで快適に取引できます!トレンド識別99%の制度があると証明されているオプションビット独自開発の『アルゴビット(algobit)』が使える!

トレード200Trade200

クレジットカードを持っていない方でもBOができます!コンビニから入金可能!V-precaが使えるので審査不要で利用可能!入金方法として、クレジット(VISA・MASTER・デビットカード)・バニラVISAオンライン・V-preca・銀行に対応しています!ペイアウト率の高さは業界最高峰!